2011年07月17日

とうとうLED管

世界各地から当ページをご覧のみなさま、こんにちは。M太郎です。色々、トラブル続きで会社に居ます〜。でもブログ更新の時間はあるという(笑)

さて、こちらはけっこう前(?)の20Wだか32Wだったか・・・とりあえず蛍光灯1本での点灯状態です。
2010.08.052.jpg

で、省エネと称したエゴでLED蛍光灯へ変えました♪(実際にはグローが悪くなってきたので、いっその事LEDにしたのですが)
まずは、作り方です。
ん?なになに?「電気工事士の資格を持って無いとダメだ、この野郎」と決まっているようですね。資格持ってますが・・・そんなに難しくないと思うのですけどね。

さっそく、点灯試験です。
LED仮.jpg
仮配線で点灯するかチェック!!

当たり前ですが点きました(笑)

LED仮1.jpg
中身はグロー、安定器、コンデンサです。他の点灯方式は違いますので。今回使用するLED蛍光管(って言い方がヘンだな)は直接給電ですので、全部切っちゃいます!!

安定器のみ外れない(リベット固定なので)ですが、こうなります。
LED仮2.jpg
配線の種類はVA線とより線がありますが、電源線(コンセント)がより線なので、器具のより線と合体っ!!

もしかした外す可能性もあるので、コネクタ仕様です。
LED仮3.jpg

これを器具とくっつけると・・・
LED仮4.jpg
こうなって・・・

抜け防止はインシュロックで(すでに雑・笑)
LED仮5.jpg

一番気になる点灯状態です
20110709I&F3.jpg

上から
20110709I&F4.jpg
とりあえずですので、まだカバーがありません。ガラス蓋に直接LED管が載ってます(笑)アクリルでカバーを作りたいのですが、時間がなかなか・・・ね。
水草育成に向くかどうかは判りませんが、予想より明るいです!!蛍光灯と違って灯りがシャープ(?)なので、陰影ができて個人的には満足ですね〜。

今回使用したLED蛍光管は直接給電方式で、グローを抜いて使用するタイプ(配線模様替えが無いタイプ)では、内部コンデンサが寿命になりますし、コンデンサとか安定器分は省エネになりませんので、コンデンサレスタイプの直接給電を買いました〜。

消費電力は10Wで昼白色(5000K)を使用しています。
調べればかなりLED管が出ていますので、気にいったものを選んでくださいね〜!!

それでは〜。

ニックネーム まあ太郎 at 13:40| Comment(2) | あくありうむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする